動物と運動会について

動物と運動会に行く場合

動物を学校の運動会に連れていく

犬などの動物も家族と考えるため、子供が通う学校で運動会があった時に一緒に連れていきたいと考えることがあります。基本的に大型犬でない場合、家族がきちんと管理をしていれば、連れて行っても差し支えないことがありますが、中にはお断りの手紙が学校からあらかじめ出されることもあります。動物を連れていく場合、他の子供に危害を加えないようにするためにも、きちんとリードを管理し、吠えたり噛みついたりしないよう十分な注意が必要になります。普段はおとなしい犬の場合でも大きな音がする運動会では興奮気味になるので、いつもと違った表情を見せます。ゲージなどを利用するのも良い方法です。

運動会で体力の衰えを自覚する

日頃運動不足で体力の衰えを感じていたり、足が上がらなくなってきたなどの機能的に心配な面が出てきても中々運動をはじめるきっかけになることがなく、「動物たちの能力に挑戦する運動会」など地域であるイベントなどをきっかけとして体を動かすようにすると良いです。医師から定期的な運動を勧められても、暑い寒いと言った気温を理由にしたり、足や腰が痛い、花粉症であるなどと色んな理由をつけて行わない人も多くいます。体に痛みがあっても、医師が体を動かしても大丈夫だと判断するのであれば軽度の運動から行ってみるべきです。片足立ちや立ち跳びなど色んな種目に取り組める、動物たちの能力に挑戦する運動会などで実際に体力の低下を目の当たりにすれば、体を動かさないとまずいと実感が持てて続けやすくなります。

↑PAGE TOP